オホーツクタワーの動物プランクトン情報

動物プランクトン標本は、オホーツクタワーと紋別港第3防波堤との間をつなぐ「渡海橋」(沖合い約1km)の直下(海底約-10m地点)において、プランクトンネットを鉛直曳きして採集(水深-9m〜0m) プランクトンネット プランクトン観測

プランクトン採集ネット(2種類)

採集した動物プランクトン標本は、顕微鏡下で観察

動物プランクトン分析速報

動物プランクトン分析速報
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

出現量の多かったプランクトン

カイアシ類
Eurytemora herdmani
カイアシ類の1種
冷水性、汽水性
体長:♀1.5-1.6mm、♂1.3-1.5mm
カイアシ類
Pseudocalanus newmani
カイアシ類の1種
冷水域に極めて普通に出現
体長:♀0.9-1.5mm、♂0.8-1.2mm
ミジンウキマイマイ
Limacina sp.
ミジンウキマイマイ属の1種
殻は小型のカタツムリ型で左巻き
殻口は広がらないのが特徴
二枚貝類
Pelecypoda larva
二枚貝類の発達途中の幼生
写真はホタテガイ幼生
カイアシ類
Oithona similis
カイアシ類の1種
各地の内湾・沿岸・外洋で普通に出現
体長: ♀ 0.7-1.0mm
フタツキクラゲ
Diphyes appendiculata フタツキクラゲ
北日本、特に北海道沿岸に分布
浮遊体で群体をつくる
泳鐘の長さ: 4.0-10.0mm
トゲナシエボシミジンコ
Evadne tergestina トゲナシエボシミジンコ
沿岸・外洋性
体長: ♀ 0.3-0.9mm ♂ 0.3-0.6mm
エキノプルテウス幼生
Echinoidea (echinopluteus)
ウニ類のエキノプルテウス幼生
ウニ類の発生途中の幼生
カイアシ類
Acartia longiremis
カイアシ類の1種
冷水性
体長:♀1.0-1.4mm、♂0.9-1.2mm
ハダカカメガイ
Clione limacina limacina
ハダカカメガイ
表層、冷水性、亜寒帯水域
俗称「クリオネ」と呼ばれ、体は内部が透けてみえる
体長:最大4cm程度
カイアシノープリウス幼生
Copepoda (nauplius)
カイアシ類のノープリウス幼生
カイアシ類の卵がふ化した後の段階の幼生
脱皮しながらノープリウス幼生⇒コペポダイト幼生⇒成体に成長
フジツボ幼生
Balanomorpha (nauplius)
フジツボ類の発生途中の幼生
ふ化後、ノープリウス幼生⇒キプリス幼生の段階を経て固着生活に移る
オオウミオオメミジンコ
Podon leuckarti
オオウミオオメミジンコ
海洋表層に分布
太平洋・日本海沿岸、瀬戸内海に出現
体の後部の育房に卵を産み、ふ化した子どもを育てる
体長: ♀ 0.5-0.9mm、♂ 0.5-0.8mm
オナガオタマボヤ
Oikopleura longicauda
オナガオタマボヤ
体長: ~4.7mm(尾部含む)
暖流域沿岸に広く出現
尾虫類の1種
袋状の透明な膜でできた構造物(ハウス)を作り、その中で生活
※プランクトン写真撮影
(株)エコニクス
※参考文献
千原・村野(1997): 日本産海洋プランクトン検索図説、東海大出版会
山路(1966): 日本海洋プランクトン図鑑、保育社
岩国市立ミクロ生物館(2011): 日本の海産プランクトン図鑑、共立出版
林 勇夫(2006): 水産無脊椎動物学入門、恒星社厚生閣