第34回のプログラム

第34回北方圏国際シンポジウム終了のお知らせ

 

開催日:2019年2月17日(日)〜22日(金)北海道紋別市

 
多くの皆様にご参加いただき第34回シンポジウムを無事終了することができました。
今回のシンポジウムも海洋、海氷、雪氷、北の地域に暮らす私たちに関わる様々な分野の研究成果の発表がありました。
発表の他に参加者の皆様と意見、情報交換、交流を深める機会となって頂けたら幸いです。
 
第5回青田昌秋賞は
 
「極域工学部門」
  高橋 祐人さん、東京大学大学院新領域創成科学研究科
  タイトル:砕氷船のラミング旋回の特性とその効率化
  Turning features of an icebreaker during ramming operations: a case study
 
「海洋物理学部門」
  前﨑 楓さん、筑波大学生命環境科学研究科
  タイトル:オホーツク海の海氷変動を規定する大気循環場と長期トレンド
  Atmospheric circulation field regulating sea ice change and long-term trend in the   Sea of Okhotsk
 
「海洋生物学部門」
  佐藤 拓哉さん、東京大学大学院
  タイトル:北海道周辺における窒素固定活性および窒素固定者群集組成に関する研究
  Nitrogen fixation and diazotroph community structure in the high latitude region around Hokkaido, northern Japan
 
複合領域部門
 
  該当者なし
 
次回、第35回シンポジウムは、日程が決まり次第お知らせします。
2020年も皆様のご参加をお待ちしております。