第34回北方圏国際シンポジウム オホーツク海と流氷のご案内

 

1 開会式

 
日 時 2月17日(日)
場 所  紋別市民会館 大ホール
受 付 13:30~
開会式 14:30~17:30
特別講演 グリーンランドの自然環境と狩猟文化 
        講師:大島 トク (グリーンランド・カナック村)
映画特別上映会  不都合な真実2 放置された地球   
         主演:アル ゴア (アメリカ合衆国元副大統領)
参加費   無料
 


2 記念レセプション

 
日 時  2月17日(日) 18:00~19:30
場 所  紋別市民会館 3階小ホール
会 費  3,000円 オホーツク海、紋別地産地消「海の幸・山の幸」が盛りだくさん!
     紋別漁業女性部・オホーツクはまなす農協婦人部・ロシア語サークル・
    オホーツクそば広めよう会・みなとオアシス−もんべつ運営協議会 のボランティアグループが、
    地元オホーツクの素材を使っておいしい手作り料理を皆さまへおもてなしいたします。
   

 
  

 
   

特別講演の
大島トクさんは、日本から移住した大島育雄氏の長女としてグリーンランド北西部のシオラ
パルク村に生まれました。
電気技師などの仕事を経験した後、故郷グリーンランドに戻り、猟師として生活を始めます。現在はシオラパルク村にほど近いカナック村に暮らしています。狩猟・漁業を営むとともに毛皮を使った伝統工芸品の製作も行っています。
現代社会において、すたれつつある犬ぞりを使った猟や伝統工芸を実践して、地元の子供たちにグリーンランドの文化を伝える活動を積極的に行っています。 2017年にはグリーンランドで優れた社会活動に贈られる賞を受賞ました。
環境変化にも深く関心を持っており、グリーンランドへ観測に訪れる科学者の研究、観測活動に協力、活躍しています。2 018年には、雪氷研究者・社会科学者らと共同で執筆した書籍「 Meaning of Ice」が北極に関する優れた研究に贈られるノルウェーの「 Mohn賞」を受賞しています。

「カービング氷河の前で海洋観測」
大島トクさんの協力で海洋観測を行った。
写真提供は杉山慎さん、北大低温研

 


 3 学術分科会             

2月18日(月曜日) 

・ 学術分科会開会式 9:00~9:10  開会の辞
・ 基調講演     9:10~9:50
・ 特別講演    10:00~12:00               
・ 研究発表    13:00~18:00
・ ワークショップ 13:00~17:30    極域予測プロジェクト〜観測と予測〜
・ フォーラム 時間未定                                北極砕氷観測船フォーラム (予定)


2月19日(火曜日) 

・ 研究発表     9:00~18:00                      
・ ワークショップ  9:00~              亜寒帯気候システムと陸海リンケージ
・ ワークショップ  9:00~12:00 北極海航路および北極海~新たな利用コンセプトへの挑戦
・ ワークショップ 13:00~16:20 北極域をめぐる産学官連携共同研究活動紹介


2月20日(水曜日)

 ・ 研究発表       9:00~11:00
・ ポスターセッション   9:00~11:00
・ 学術分科会閉会式     11:10~11:45   講評, 青田昌秋賞授賞式, 閉会の辞
   ※ 閉会式終了後、紋別市文化会館から紋別空港までの送迎車を用意します。

会場1: 紋別市文化会館-----1階ホール, 3階特別会議室, 3階サークル室
会場2: 紋別市立博物館-----郷土学習室
  
参加費   一般 4,000円、学生1,000円 (事前申込み 平成31年1月31日(木)迄)
            一般 5,000円、学生2,000円 (当日申込み)
     要旨集 4,000円     

 
※ 時間、内容は変更する場合があります。

  大会、旅行申込みサイト
https://conv.toptour.co.jp/shop/evt/okhsympo34/

   

   

   

作成中